赤プリ閉館!

来年赤坂プリンスホテルが閉館することになった。

さんざんこきおろしたが、正直「行っといてよかった~」。

しかし本当に日本の物質的栄光は終わったんだな。と実感させられる。

これからはいかに個人レベルで「内的豊かさ」を感じるかだけが勝負でしょう。

ということでGWは脳内世界旅行に行ってきます(泣)
[PR]
# by osen-chan | 2010-04-28 21:14

ここ掘れわんわ…

職場にある、コンビニの未使用のプラスチックスプーンと割り箸をひきとってもらおうと袋に入れたところ、中々減らない。

一体今までどんだけもらってきてたんだ。と、前任者を恨む。

どこかでもう要りませんと断りゃいいのに。

もうIKKOもびっくり。笑うしかないです。


ある日、ポチが吼えるのでおじいさんが土を掘ると

そこからスプーンがざくざく出てきました。

金にもならないものがあとからあとから出てきました。

おじいさん「…(怒)」

おじいせんは再び掘り返したところを埋めなおすとポチと山奥に入りました。

翌日からポチを見かけるものはいなかったとさ。
[PR]
# by osen-chan | 2009-10-28 14:25

逆ドラえもん

ドラえもん「タケコプター。あれ、動かない。どうしたんだろう。説明書もなくしちゃった。のび太くーん」

のび太「ボタンみたいのがあるからいじればなんか起こるんじゃない?」

ドラえもん「この指じゃ、ゆるんだネジがまわせないよ。あー、こんな僕みないな役立たずはスクラップ工場に       行くしかないんだ」

のび太「わ、わかった。僕がやってみるよ」

ある日
ボロクソにやられたドラえもん。

ドラえもん「のび太くーん。ジャイアンにやられたー。なんとかしてー」

のび太「えー。僕もやられちゃう…」

ドラえもん「ごめんね。自分の身さえ守れないような役立たずはスクラップ工場に行くしかないよね」

のび太「わ、わかった。仇をうってくるよ」

この繰り返しで、いつのまにかのび太は、

自分の将来のために送られてきた助っ人(になるはずだった)ドラえもんを守ろうと

自発的で勇気のある創造性豊かなたくましい青年になっていった。

現実もそんなもんだろうな。
[PR]
# by osen-chan | 2009-03-02 20:40

撃沈!喫茶マウンテン

こんなに時間を止めたやつはいない。

昨日名古屋に行った。矢場豚は前回行ったので台湾ラーメンの味仙をと思ったが時間の関係で無理だった。

そこで思いついたのが裏名物の店「喫茶マウンテン」。「抹茶小倉スパ」の生みの親

体験hpを見る限り、こんなきわいメニューばかりで経営は成り立っているのかと心配しつつ現場へ。

順番待ちするほど混んでいた。メニューを渡された。普通のもありホッとしたが、ひるまずキワモノへGO!

甘党ではないのでまだ救いがありそうな「甘口マーボー丼」を注文。

来る間、周りを見ると男子98%の世界。男子中学とサラリーマンの集団と少数のカップル。

混んでるが笑顔がない。もくもくと食べ微妙な表情を浮かべている。そして互いに頼んだメニューや食べた反応をうかがっている。(私も)

後ろの男子中学生がしきりに私の方へ振り向いていた。

「甘口マーボー丼」が来た。

大盛りのご飯の上になすとチョコフレークとマシュマロが。

写真の通りだなと思い好物のなすをぱくり。あまっ。

一抹の不安を抱え、この口の中の違和感をぬぐおうとご飯へ。

さらに甘い。どうやらご飯の間に見える茶色い液体はあんこの汁のようだ。

醤油くださいと言いたかったが、失礼なのでテーブルの脇を見ると砂糖(まだ入れるやつがいるのかっ)と塩の瓶が。

しこたま塩を入れ、つかのまの安堵感にひたったものの。

私が悪かった。あんこに塩を入れると甘さがひきたつのを忘れていた。

立ち直れずに、このまだまだたくさんあるこの食べ物をどうしようかと完全にはしが止まってしまった。

時間よ止まれ。矢沢栄吉状態になってしまった。

どうやら私もマウンテン入り口で遭難してしまった。

父からの電話も来たのでそそくさと店を後にした。

店員「はやかったね」
私「すいません。すごい残しました」
店員「大丈夫だよ。俺も食べれないから」
目の前の厨房からおじさん二人があいさつを。手には砂糖の入った容器が。あんなに入れてるのかっ
私「あれは趣味でやってるんですか」
店員「さあ、あの人たちがやってるからね(笑)」
私「でも楽しかったです(笑)」

まあ、800円でアミューズメントパークに来たと思えばいいけど、残ったご飯は犬も食わないぞ。ほんとにあれは病気になる。

次回名古屋に来るときは普通のメニューを食べに来よう。e0013489_2158551.jpge0013489_21582515.jpge0013489_21584052.jpg
[PR]
# by osen-chan | 2009-02-28 13:59
急激な不景気で働き盛りの若い力が余っている。

そこで考えたのが人力発電。

風力発電が注目をあびているが、その一方で風車の近くの住民から健康被害も出ている。

もうこれしかないでしょう。

スーパーの野菜みたいに、

家・会社に「ここの電気は私達が発電しています。」

とマッチョで黒光り・白い歯の笑顔写真を貼り、

集団で古代ローマ時代のような格好でなぜか湯気の中を

シューシューと無言で自転車こいでいる模様がライブで見れるようにしておいたら

きっとエコにも結びつくはず。

消費側からも声援がかけらるシステムだとなおgoo!

愛が芽生えるかも☆
[PR]
# by osen-chan | 2009-02-10 12:31

内装業者は見た

職場からの帰路、姉からメールが来た。

”(今家をリフォーム中で、)兄の不在中に、内装業者さんが兄の荷物の段ボールを運ぼうと

持ち上げたら底が抜け昔のエロ本が大量に出てきた。”そうな。

さすがに一同笑いを隠し切れなかったらしい。

さらに「雑誌を見ると自分と同世代だとわかる」と業者さんからフォローのようなコメントつき。

私も車内で笑いが止まらなかった。

ある時、兄の不在中に部屋の様子を見るために業者さんと中に入ると

「ホットなお股見せます」とかいう雑誌が本棚にあった。

全く部屋の片づけをする気配なし。リフォームに協力する気は一体あるのか。

エロ本も姉がしびれを切らして勝手に片づけたものだ。

たぶんこの業者さんもマイミクあたりで書いてるんだろうな。

”だから内装業はやめられねー。”
[PR]
# by osen-chan | 2008-11-21 21:16

爺通信

昼ごはんに瓶詰めの「うに」を食べた。

何かすくうものということだったがすぷーんはみな使用済みでどうしようかと思っていたら

「みつまたでもいいよ」という父

みつまた?

どうやらフォークのことらしい。さすが過去世がお奉行。

罪人でもひっとらえるのか?


「うに」は最初は互いにフォークですくいコンビニ弁当の縁にのせて食べていた。

が、父があんまりがつがつ「うに」を食いまくるので血圧があがるからやめとけと言ったら

フォークを根元から口の中に入れ、くっついている「うに」を全てすくい取ってしまった。

さすがにそのフォークを使う気になれず私も食べるのをやめた(涙)
[PR]
# by osen-chan | 2008-11-12 14:28

ケチケチ星人の果てに

まだまだ鉛筆があるのに新しいのを注文しろと父が言ったので

セコセコな私は他にコピー用紙も一ケース頼むから送料も気にするまいと思い

鉛筆は一箱だけ注文した。

が、届いてみると、たった鉛筆一箱のために大きなダンボールが使われ、

父にもっと買えばいいのにと責められなんとなくその鉛筆箱を見てるのが辛くなり

とっととしまった。

ふと、自分が不本意で結婚・出産してしまった子供を見るのがつらくなって

せっかんをして自責の念に苦しむという女性の漫画(昔の典型的な)を思い出し、

こういう結婚はしたくないなとそこまで考えた…自分もどうかと思う(笑)。
[PR]
# by osen-chan | 2008-10-30 13:49

縁の下の力持ち

考えてみれば、お笑いなどで真似されたり社会現象になるほど影響力のある番組は

昔から地道にやってきた番組が多い。

私的にはテレビ朝日系が多い気がする。

土曜ワイド劇場・必殺仕事人・暴れん坊将軍・アタック25・家政婦は見た・世界の車窓から‥

継続は力なり。

ちょっとニュアンスが違うけど、こんな地味ながらじわじわ影響力のあるものが好き。
[PR]
# by osen-chan | 2008-10-20 22:15
顔が上戸彩似の白い犬

実は声は北大路欣也らしい

いっそのこと顔が北大路欣也似だったら面白いのに




ちなみに私は北大路欣也に似てるといわれたことがある(泣)
[PR]
# by osen-chan | 2008-10-19 23:06